勝浦パークゴルフ場 > パークゴルフとは

パークゴルフとは

パークゴルフは、1983年(昭和58年)に北海道幕別町で発祥したスポーツです。
「公園で幅広い年代の人ができるスポーツ」として、「PARK GOLF」と名付けられました。
北海道を中心に広まったパークゴルフは、今では日本各地に普及し、南米やアジアにも愛好者が増えています。

パークゴルフを楽しもう!

パークゴルフは、クラブ1本とボール1個、それにボールを置くティーがあれば、誰にでもプレーを楽しむことができるスポーツです。
ルールは、ゴルフとほぼ同じ。ボールはゴルフボールよりも大きく、クラブを使ってカップインするまでの打数を競い合います。芝生の上で太陽の光を浴びながら楽しく遊べる、健康的なスポーツです。
大会に参加することで、プレイヤー同士の交流も深まるコミュニティースポーツでもあります。

パークゴルフのクラブやボール

パークゴルフのコースは、スタート位置にティグラウンドがあります。
ティグラウンドからカップまでを1ホールといい、9ホールでハーフ、18ホールで1ラウンドといいます。1ホールに3〜5の標準打数(パー)が設定されています。1ラウンドはパー66、ハーフでは33で競技を行います。
コースにはフェアウェー(芝を刈った中央部分)とラフ(芝の長い部分)があり、途中にはバンカー(砂地)、プレーを禁止するOB区域等があり、それらの配置で難易度が変わります。
パークゴルフのコース

コースの回り方

パークゴルフは1組4人以下でプレーします。
打順はスタートのみくじ引き、ジャンケン等で決めますが、次のホールからは前のホールで成績の良かった(スコアが最小であった)人の順にスタートします。
2打目からはカップから遠い順に打っていきます。
スコアの記入は、次のホールへ移動して書きましょう。
ペナルティは全て2打加算です。
プレーは1本のクラブ、1個のボールおよびティでスタートします。(損傷した場合は同伴者の同意を得て取り替えましょう)

  • 日本パークゴルフ協会
  • 秘湯の宿 滝見苑
  • 渓谷別庭 もちの木
  • 滝見苑けんこう村 ごりやくの湯
  • 個室炭火焼肉 すみとろ
  • トミー・フットサル松戸
  • かつうら潮風散歩道
  • 房総世直し発見伝